ホーム>すこやかBLOG>ヒートショック
すこやかBLOG

ヒートショック

ヒートショックとは家の中の急激な温度差により血圧が大きく変動し、

失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こして、身体へ悪影響を及ぼす

ことです。

暖かいリビングなどからトイレ、バスルームに行くと温度差にビックリして

震えてしまうことはありませんか?

真冬だと暖房がついている暖かい部屋から暖房がついていないトイレや

バスルームの温度差は10℃を超えるといわれているそうです。

マンションなどの集合住宅に比べ、戸建ては特に温度差が大きいようです。

 

この温度差によって、血管が縮み、血液が流れにくくなるので血圧が

急上昇します。しかし、温かい湯船につかると血管は拡張して急上昇した

血圧が急激に低下してしまいます。

これが高血圧や糖尿病、脂質異常症など動脈硬化が進んだ高齢者では

血圧の上昇による心筋梗塞、致命的な不整脈、脳梗塞、脳出血などを

起こしやすくなっています。

 

以下の項目に当てはまるものが多い方ほど気をつけたほうが良いでしょう。

・65歳以上

・狭心症、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞、不整脈、高血圧、糖尿病

・飲酒直後の入浴

・食事直後の入浴

・薬を飲んですぐに入浴

・一番風呂

・深夜に入浴

・熱い湯船に(42℃以上)につかる

・浴室、脱衣所、トイレに暖房設備がなく、冬場は寒い

・浴室に窓があり寒い

・居間と浴室やトイレが離れている

 

日頃から注意すること

・脱衣所や浴室、トイレに電気式温風機を設置し、温かい部屋との

 温度差を少しでも減らしましょう。

・入浴をすると汗をかいて体内の水分が減ってしまいます。

 体内の水分が減っている状態だと血液がドロドロになり

 血栓ができやすく血圧が上がると脳梗塞や心筋梗塞になりやすく

 なってしまいます。

・入浴時は心臓から遠い手や足からかけ湯をしてお湯の温度に体を

 十分に慣らしてから湯船につかりましょう。いきなり湯船に入ると

 急激な血圧の変化を起こしてしまうことがあります。

その他、日常生活の中で体に急激な変化を与えないよう気をつけましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sukoyaka-bs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/260