すこやかBLOG

乾燥予防

冬になっても意識的に水分補給をしている方は

どのくらいいるのでしょうか?

冬は気温が低く、汗をかきにくいので水分を摂ることを

ついつい忘れてしまうことも少なくありません。

 

1日に人間の体から排出する水分はおよそ2.5リットルです。

食事や体内でつくられる水分は約1.3リットルほどなので

口から入れる水分は1.2リットルくらいは必要となります。

冬は空気の乾燥によって呼吸や皮膚から水分が蒸発する

ことが多いため、知らないうちに体内の水分が失われている

ことが多いのです。

特に喉、鼻などの粘膜は乾燥しやすく水分を失いがちなので

こまめに水分補給を行なったほうが良いでしょう。

また、室内の湿度の目安は50~60%と言われています。

湿度が高くなるとウイルスは活動が急低下します。

湿度管理も風邪対策に必要なので、加湿器を使用したり

室内に洗濯物を干したりなどの工夫も必要です。

マスクの着用はウイルスを口内に侵入させないだけでなく

喉の乾燥を防ぐためにも効果的なので、冬場はオススメです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sukoyaka-bs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/258