ホーム>すこやかBLOG>冷えの前兆をキャッチ
すこやかBLOG

冷えの前兆をキャッチ

体のことを知ると病気への対処法もわかります。

「冷え」は自分でも意識しないうちに、体に蓄積されています。

自分の正常な身体のパターンを把握しておけば、

体が発する冷えのサインに敏感になり、深刻な病気になる前に

防ぐことができます。

 

平熱

臓器や細胞が健常に働くには、36.5度以上の体温が必要です。

起床時、午前、午後、夜の一日4回の体温を測り、

時間ごとの平熱を知っておくと安心です。

4回が難しければ毎日1回決まった時間に測るようにしましょう。

 

顔色

皮膚の色はその内側を流れている血液の汚れを反映。

顔色が薄いピンク色なら健康体、顔が赤いのは

高血圧やイライラ、紫がかった赤は全身の血行不順、白く

なるのは貧血や肺の病気、黄~黒は肝臓の病気の恐れがあります。

 

お腹

自分の冷えに気付いていない「隠れ冷え性」はさらに体を

冷やす悪循環に陥る可能性があります。

冷えの自覚がなければお腹を触ってみて、お腹全体が

温かければ体も温かい、おへそから下が冷たい人は血行が

悪いことを示します。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sukoyaka-bs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/241