ホーム>すこやかBLOG>防寒して冷えを寄せ付けない
すこやかBLOG

防寒して冷えを寄せ付けない

体を冷やす習慣を知らず知らずのうちに続けている現代人。

ストレス解消を心がけて、睡眠不足は改善しつつ日頃の工夫で

意識的に温めましょう。

漢方では「お腹」のことを「お中」というそうで

体の中心を温めると体調が整い、病気になりにくい体を

作るといわれています。

冷え性の人は手先や足先が冷えやすいのですが、そこだけを

温めても全身は温まりにくいもの。

ところが大きな血管の通り道をあたためると

体の隅々に張り巡らせている血液の流れがよくなり

全身が温まります。

温めるポイントは体の中心部である「お腹」や「腰」に

加え、体表近くに動脈が走る「手首」「首」「足首」の

3つの「首」です。

下半身が冷えると様々な不調が出てきます。

・イライラ

・不安

・膀胱炎

・不眠

・便秘

・下痢

など・・・。

これから気温が下がり、冷えが強くなる季節ですので

温めることを意識して十分気をつけて過ごしましょう。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sukoyaka-bs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/235