ホーム>すこやかBLOG>高齢者に多い腰椎変性すべり症と可視総合光線療法
すこやかBLOG

高齢者に多い腰椎変性すべり症と可視総合光線療法

腰椎変性すべり症は老化現象によるものと言えます。

老化に伴い筋肉が衰え骨がもろくなり自分の体重が支えられなくなると姿勢が前かがみになり腰椎に力がかかって、腰椎が前方にずれていきます。

これが原因で起こる腰痛が腰椎変性すべり症です。

症状

初期のうちは腰の重だるさや鈍痛を感じる程度ですが症状の進行とともに腰痛が強くなります。

多くの場合姿勢が悪くなり腰が曲がっていきます。症状が進行することによる腰部脊柱管狭窄症を併発すると下肢の痺れや痛み等の坐骨神経痛症状も出てきます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sukoyaka-bs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/170