ホーム>すこやかBLOG>光線療法による花粉症改善
すこやかBLOG

光線療法による花粉症改善

 

日光に当たる機会が少なくなった現代の生活環境に伴い、体内の 光線療法による花粉症改善 ビタミンDは不足しがちです。

血中ビタミンD濃度が低いと免疫機能が異常に働きやすく花粉症を始め喘息やアトピーなどのアレルギー疾患を起こすことが最近の研究で明らかになってきました。

光線療法の光と熱エネルギーにより皮膚で生産されたビタミンDは免疫異常を抑制し、アレルギー反応を沈静化させる作用があります。

また光線治療で体を温める事で粘膜を強化し自律神経を整えることは花粉症の症状改善に有用です。

薬で一時的に症状を抑えたりマスク着用などの花粉対策も必要ですが光線治療継続に発祥の抑制や軽減させる効果があります。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sukoyaka-bs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/169