ホーム>すこやかBLOG>冷えと眠りの関係
すこやかBLOG

冷えと眠りの関係

身体に冷えがあると良質な睡眠を妨害するおそれがあります。

人間の体温は1日を通してリズムがあり、睡眠との関係も

深いと言われています。

日中は活動している時間が長く、体温が上昇しますが、

夜はたまった熱を下げるために末梢の血管を拡張させて

血流量を増やし、熱を放出します。

その変動が眠気となり、自然と眠りの体勢に入っていきます。

このタイミングと就寝がちょうど重なると良質な睡眠を

とることができます。

ところが、体が冷えている人は日中も体温が上がらず、

夜になってもこれ以上体温を下げないようにと

防御機能が働き、体温の変動が少ないため、寝つきが

悪いなどの睡眠に障害が生じてしまいます。

また、自律神経も冷えと眠りに関係しています。

夜の体温の変化に合わせて活動神経である「交感神経」から

リラックス神経である「副交感神経」に切り替わりますが、

身体が冷えていると体温を下げないように防御機能として

交感神経が優位になります。

そうすると寝ている間も体は緊張状態でリラックスできない為

眠りが浅い、夜中に何度も目が覚めるなど良質な睡眠が

とりにくくなってしまいます。

これから気温の低下とともに体の冷えが気になってくると

思いますので体を温める食材を使った食事や、お風呂や足湯などで

血行を促進し、夜は工夫してリラックスできる環境を

作ってみましょう。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sukoyaka-bs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/255