ホーム>すこやかBLOG>体が冷える体はこんなサインを出している
すこやかBLOG

体が冷える体はこんなサインを出している

「自分は冷え性ではない」「むしろ暑がりだ」

そういう人でも、冷え性の人は多いものです。

冷え性かどうかは、「お腹の冷たさ」「汗の量」

「むくみ」から判断できます。

まず、体の中心であるお腹が冷えている人は

冷え性=低体温ということになります。

また汗をかくというのは体内の余分な水分を捨てて

体を温めようとする反応なので、十分に運動した後以外で

大汗をかくのは冷え性である可能性があります。

またむくみの原因は水なので、むくみは水毒傾向があるといえます。

視覚的に判断するには、体表の毛細血管の血液の滞りによって

あらわれる「瘀血(オケツ)」のサインがあります。

・目の下にクマ

・鼻の頭が赤い

・唇が紫っぽい

・赤ら顔

・歯茎の色素沈着

・クモ状血管腫

・青あざが出やすい

・手のひらが赤い

・生理不順・不正出血

・痔出血

・下肢静脈瘤

などです。

日々自分の体の変化に気付けるように普段から把握して

おきましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sukoyaka-bs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/243