ホーム>すこやかBLOG>足首の障害と可視総合光線療法
すこやかBLOG

足首の障害と可視総合光線療法

足首は体重を支え衝撃を吸収させる部位ですが、スポーツに限らず日常生活でも過度な力や不自然な力が加わると捻挫や骨折、水がたまるなどの障害を起こしやすい部位でもあります。

光線療法はこれら足首の障害を速やかに治療させる作用に優れています。

患部照射は反応が強く出なければさらに照射時間を延長したり1日数回の治療も可能です。

 

足首の捻挫。

足首の捻挫は日常生活でよくある症状ですが適切な治療をしないと症状が長引いたり悪化することもあります。

一般的にはRICEの治療が行われますが光線療法の場合は冷却せずにその温熱と光の作用で炎症による痛みや腫れを速やかに吸収します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sukoyaka-bs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/173