ホーム>すこやかBLOG>可視総合光線療法で、身体の歪みによる症状が改善した症例
すこやかBLOG

可視総合光線療法で、身体の歪みによる症状が改善した症例

 

身体の歪みは加齢によって背中や腰が丸くなってきたり、身体の歪みにより筋肉バランスが悪くなると、筋肉に過度な負担がかかり疲れやすくなったり、筋肉が硬直してきます。

固くなった筋肉は血管やリンパ、神経を圧迫してコリや痛み痺れ等の症状を引き起こします。

また、身体の歪みにより内臓も圧迫され、内臓機能も低下することがあります。

身体の歪みが固定化してしまったり、骨が変形してしまっているような場合は歪みはなかなか治りませんが歪みがあっても硬直した筋肉を軟らかくしたり、血行を改善することでコリや痛み、痺れ等の不快症状を改善することが可能です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sukoyaka-bs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/172