ホーム>すこやかBLOG>坐骨神経痛に対する可視光線療法
すこやかBLOG

坐骨神経痛に対する可視光線療法

坐骨神経痛の1番の原因は坐骨神経根が受ける圧迫です。

1・ヘルニアや腰椎症、狭窄症によって神経の付け根である神経根が圧迫されることにより起こる。

2・梨状筋症候群が原因に。お尻の奥にある梨状筋が坐骨神経を圧迫することによる。

3・心理的なストレスなどにより自立神経が不安定になり血行不良を起こすことによっておこる。

可視総合光線療法

 多くの人は腰や下肢が冷えている傾向があり光線療法で下肢を照射し冷え性を改善することは大変有効。

また腰の負担を軽減させる姿勢改善も大切。光線治療により筋肉の状態が改善されると正しい姿勢を取りやすくなります。

特に腹筋の筋力アップは症状改善に欠かせなく光線により効率的な筋力アップも!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sukoyaka-bs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/171