2019年4月

光線療法による花粉症改善

 

日光に当たる機会が少なくなった現代の生活環境に伴い、体内の 光線療法による花粉症改善 ビタミンDは不足しがちです。

血中ビタミンD濃度が低いと免疫機能が異常に働きやすく花粉症を始め喘息やアトピーなどのアレルギー疾患を起こすことが最近の研究で明らかになってきました。

光線療法の光と熱エネルギーにより皮膚で生産されたビタミンDは免疫異常を抑制し、アレルギー反応を沈静化させる作用があります。

また光線治療で体を温める事で粘膜を強化し自律神経を整えることは花粉症の症状改善に有用です。

薬で一時的に症状を抑えたりマスク着用などの花粉対策も必要ですが光線治療継続に発祥の抑制や軽減させる効果があります。

 

坐骨神経痛に対する可視光線療法

坐骨神経痛の1番の原因は坐骨神経根が受ける圧迫です。

1・ヘルニアや腰椎症、狭窄症によって神経の付け根である神経根が圧迫されることにより起こる。

2・梨状筋症候群が原因に。お尻の奥にある梨状筋が坐骨神経を圧迫することによる。

3・心理的なストレスなどにより自立神経が不安定になり血行不良を起こすことによっておこる。

可視総合光線療法

 多くの人は腰や下肢が冷えている傾向があり光線療法で下肢を照射し冷え性を改善することは大変有効。

また腰の負担を軽減させる姿勢改善も大切。光線治療により筋肉の状態が改善されると正しい姿勢を取りやすくなります。

特に腹筋の筋力アップは症状改善に欠かせなく光線により効率的な筋力アップも!

 

高齢者に多い腰椎変性すべり症と可視総合光線療法

腰椎変性すべり症は老化現象によるものと言えます。

老化に伴い筋肉が衰え骨がもろくなり自分の体重が支えられなくなると姿勢が前かがみになり腰椎に力がかかって、腰椎が前方にずれていきます。

これが原因で起こる腰痛が腰椎変性すべり症です。

症状

初期のうちは腰の重だるさや鈍痛を感じる程度ですが症状の進行とともに腰痛が強くなります。

多くの場合姿勢が悪くなり腰が曲がっていきます。症状が進行することによる腰部脊柱管狭窄症を併発すると下肢の痺れや痛み等の坐骨神経痛症状も出てきます。

 

1