ホーム>すこやかBLOG>白内障と光線療法
すこやかBLOG

白内障と光線療法

 

白内障とは。。。

 白内障とは眼のレンズの役割を担っている水晶体が混濁して、視力低下などの症状が出る疾患です。

 最も多い原因は加齢によるもので、高齢化に伴い患者数も年々増加していきます。

 生活するうえで不便だと感じたら手術する時期と考えて問題ありません。

 現在では機械や技術の飛躍的進歩により満足度の高い手術となりましたが、術後に光がまぶしい、視力が不安定、充血や眼圧上昇といった症状が暫く続くこと があります。

 光線治療は血行改善及び組織の再生を促しこれらの諸症状を軽減させ、また免疫強化作用が細菌感染により引き起こされる術後眼内炎の予防にも効果的です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sukoyaka-bs.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/167