ホーム>すこやかBLOG

すこやかBLOG

休診日のお知らせ

 

休診日のお知らせです。

6月16日(日)・6月30日(日)は誠に勝手ながら休診とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

足首の障害と可視総合光線療法

足首は体重を支え衝撃を吸収させる部位ですが、スポーツに限らず日常生活でも過度な力や不自然な力が加わると捻挫や骨折、水がたまるなどの障害を起こしやすい部位でもあります。

光線療法はこれら足首の障害を速やかに治療させる作用に優れています。

患部照射は反応が強く出なければさらに照射時間を延長したり1日数回の治療も可能です。

 

足首の捻挫。

足首の捻挫は日常生活でよくある症状ですが適切な治療をしないと症状が長引いたり悪化することもあります。

一般的にはRICEの治療が行われますが光線療法の場合は冷却せずにその温熱と光の作用で炎症による痛みや腫れを速やかに吸収します。

可視総合光線療法で、身体の歪みによる症状が改善した症例

 

身体の歪みは加齢によって背中や腰が丸くなってきたり、身体の歪みにより筋肉バランスが悪くなると、筋肉に過度な負担がかかり疲れやすくなったり、筋肉が硬直してきます。

固くなった筋肉は血管やリンパ、神経を圧迫してコリや痛み痺れ等の症状を引き起こします。

また、身体の歪みにより内臓も圧迫され、内臓機能も低下することがあります。

身体の歪みが固定化してしまったり、骨が変形してしまっているような場合は歪みはなかなか治りませんが歪みがあっても硬直した筋肉を軟らかくしたり、血行を改善することでコリや痛み、痺れ等の不快症状を改善することが可能です。

光線療法による花粉症改善

 

日光に当たる機会が少なくなった現代の生活環境に伴い、体内の 光線療法による花粉症改善 ビタミンDは不足しがちです。

血中ビタミンD濃度が低いと免疫機能が異常に働きやすく花粉症を始め喘息やアトピーなどのアレルギー疾患を起こすことが最近の研究で明らかになってきました。

光線療法の光と熱エネルギーにより皮膚で生産されたビタミンDは免疫異常を抑制し、アレルギー反応を沈静化させる作用があります。

また光線治療で体を温める事で粘膜を強化し自律神経を整えることは花粉症の症状改善に有用です。

薬で一時的に症状を抑えたりマスク着用などの花粉対策も必要ですが光線治療継続に発祥の抑制や軽減させる効果があります。

 

坐骨神経痛に対する可視光線療法

坐骨神経痛の1番の原因は坐骨神経根が受ける圧迫です。

1・ヘルニアや腰椎症、狭窄症によって神経の付け根である神経根が圧迫されることにより起こる。

2・梨状筋症候群が原因に。お尻の奥にある梨状筋が坐骨神経を圧迫することによる。

3・心理的なストレスなどにより自立神経が不安定になり血行不良を起こすことによっておこる。

可視総合光線療法

 多くの人は腰や下肢が冷えている傾向があり光線療法で下肢を照射し冷え性を改善することは大変有効。

また腰の負担を軽減させる姿勢改善も大切。光線治療により筋肉の状態が改善されると正しい姿勢を取りやすくなります。

特に腹筋の筋力アップは症状改善に欠かせなく光線により効率的な筋力アップも!

 

高齢者に多い腰椎変性すべり症と可視総合光線療法

腰椎変性すべり症は老化現象によるものと言えます。

老化に伴い筋肉が衰え骨がもろくなり自分の体重が支えられなくなると姿勢が前かがみになり腰椎に力がかかって、腰椎が前方にずれていきます。

これが原因で起こる腰痛が腰椎変性すべり症です。

症状

初期のうちは腰の重だるさや鈍痛を感じる程度ですが症状の進行とともに腰痛が強くなります。

多くの場合姿勢が悪くなり腰が曲がっていきます。症状が進行することによる腰部脊柱管狭窄症を併発すると下肢の痺れや痛み等の坐骨神経痛症状も出てきます。

 

超音波検査機導入しました!!

  急性期のケガの画像診断が出来るようになりました!!!!

  

 骨折・捻挫・打撲・腱鞘炎・肉離れなどの悩みどんどんご相談ください。

           おすすめポイント 

      1、骨・筋肉・靭帯などの状態を検査します!

      2、体に影響のない超音波を利用しリアルタイムに患部を観察!

      3、ケガを細部まで観察!

 超音波検査後包帯やテーピングなどで的確に治療をしていきます。

 ケガに強いすこやか接骨院へお越しください。

白内障と光線療法

 

白内障とは。。。

 白内障とは眼のレンズの役割を担っている水晶体が混濁して、視力低下などの症状が出る疾患です。

 最も多い原因は加齢によるもので、高齢化に伴い患者数も年々増加していきます。

 生活するうえで不便だと感じたら手術する時期と考えて問題ありません。

 現在では機械や技術の飛躍的進歩により満足度の高い手術となりましたが、術後に光がまぶしい、視力が不安定、充血や眼圧上昇といった症状が暫く続くこと があります。

 光線治療は血行改善及び組織の再生を促しこれらの諸症状を軽減させ、また免疫強化作用が細菌感染により引き起こされる術後眼内炎の予防にも効果的です。

頭痛の種類

1.緊張型頭痛

 症状

 頭が締め付けられるような鈍い痛みが特徴的ですが普通は我慢できない程の痛みではない。数時間から数日間に繰り返し起こる場合と、持続的に毎日起こる場合があります。

頸や肩の凝りや痛みを伴うことが多く強い痛みがあっても嘔吐を伴うことはありません。 

原因

 緊張型頭痛は体や精神のストレスから起こります。頭痛のほとんどは筋緊張性頭痛。

  身体へのストレス→無理な姿勢・長時間のパソコン操作・体をほとんど動かさないなど、筋緊張により血流が悪くなり疲労物質が溜まることによる。

  精神へのストレス→生真面目や几帳面な性格の人が多い。精神的に緊張した状態が長く続く。

 

2.片頭痛

症状

 頭の片側がズキンズキンと脈打つように痛む頭痛です。月に1から2とか週に1から2回の頻度で発作的に起こります。

 起きていられない痛みで日常生活や仕事に大きな支障を及ぼす。吐き気や嘔吐を催すことが多く普段は何でもない光や音に敏感になることが多い。

痛みは数時間から数日間続くこともあるが痛みがない時は全く健康人と変わらない。

原因 頭痛の二割程度

1→脳血管が異常に拡張して血管周囲に炎症が起こる。

2→脳神経である三叉神経が刺激され血管を拡張させる物質が出ることによって発生する。

いずれにせよどうして発生するかは不明です。

 

自律神経失調症のつらさ、体調不良がラクになった!

私は30歳で胃を切除してから不安発作や自律神経失調症で

病院通いで長年体の不調に悩まされてきました。

自分で漢方や東洋医学について色々調べていたので

体の冷えをどうにかしないといけないことは分かっていましたが

どの病院や整体、カイロに行っても「体を温める」ということは

どこもやってくれませんでした。

少し出かけると次の日はだるくて寝込んでしまうので、遠出や

旅行に行きたくても行けない状態でした。

友人からは電話だと「元気じゃない!」と言われますが、

これは本人でないとわからないものです。。。

そのうち友人から誘われなくなるのではないかと不安で日々

辛くなるばかりでした。

しかしTHBにお世話になり、1回で体が軽くなったのを実感

できたのです。疲れもいつもより感じません。

一目でこれは私に合っていると思いましたが光に当たり

長年の悩みから解放されるのではないかと希望が持てました。

これからもずっとお世話になる予定です。

よろしくお願いします。

今年は良いことがあるかもしれないと楽しみです。

 

1